読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイレット枯れ尾花大学

怖いと思い込んでいるものは大体が一度正体を見破れば怖くないものです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ってやつです。

 

大学進学を機に引越しをしまして、年季の入ったアパートに住んでいます。夜寝ていますと突然ガゴッと音がしたりキュルキュルキュル…と部屋が鳴いたりするものですから不審に思って眠れないこともありました。うたぐり深い性格の人間なので天井と屋根の間に人がいるのでは?とか天井が落ちてくるのでは?とか心配になると嫌な想像が連鎖して最後には自分の墓が荒らされてしまうのです。

ある日トイレに入った時のことです。ドアに頭を強打しました。すると、例のキュルキュル音が途端に始まったのです。音鳴りのする上を見れば換気扇の蓋のねじが微妙に回り切っておらず揺れたり中で羽が擦れたりしているではありませんか。これが不審な音の正体だと分かった瞬間、ぐっすり眠れるようになりました。ちょうど1か月前の出来事でした。

この場合は「幽霊の正体見たりトイレット」というわけです。

 

大学といえば、前期のある時期に謎の恐怖から突然講義に出ることが出来なくなってしまい、自主休講を何週間も続けてしまう事態に陥っていました。高校時代も定期的に起きていたので驚きはしませんでしたが、単位の危機が迫ると段々焦りを感じるようになりました。一体どうすればすぐに講義に出席できるようになるのか。ずっと大学の食堂で悩んでいました。

大学の食堂で。講義に出られなくても、ごはんを食べに大学に行くことはできました。これは高校でも同様で、とりあえず学校に行こうと思うのですが教室には足を踏み入れることができないというわけです。

これに気づいたとき、名案が浮かびました。ごはんを食堂ではなく教室で食べればいいのです。生協のコンビニ店舗や書店店舗ではお弁当を売っていますから、それを教室で食べれば食堂と同じ感覚で講義に出られるのではという算段です。

お弁当をコンビニ店舗で購入し、「ごはんを食べに来た」ということだけを考えて講義の始まるだいぶ前に教室に向かいます。教室を食堂の別館(?)だと言い聞かせて入り、席に座ってお弁当を食べれば、そのうちに講義が始まって無事出席することができました。恐怖を思い込みで解決することに成功したと言えます。

こちらの場合は「大学の正体見たり定食屋」とでも言っておきましょうか。

 

なにが言いたかったのかといえば、自分の生きている世界は割と思い込みに支配されているのではないか、ということです。隣りから聞こえる気がしている騒音はもしかしたら自分の耳鳴りかもしれないし、玄関のドアだと思っているものはもしかしたらめちゃくちゃ大きく刷った文庫本かもしれません。

正体を見破ると心労の少ない生活を送れます。しかし無闇に正体を見破ることは逆に夢を自らぶち壊すことに繋がる可能性がありますから、注意が必要です。正しく見破って人生を楽しくしたいものです。