キュウリの血と肉

当たり前の話をしています

他ょうしのー、血人"ymwo

お久しぶりです。キーボード入力です。最近は音声入力があまりに便利なものですからほとんど出番がありませんでした。

今回なぜキーボード入力で記事を書いているかと言いますと、只今の時コヌは9:30、場所は弘前大学総合教育棟301講義室、そう、1限の真っ最中なのです。こんな所で音声入力で執筆しようものなら白い目を通り越して透過された目(白目が市松模様の人を思い浮かべてください)が講義室全体から私に向けられることでしょう。いくらなんでも耐えられません。そこで私は思い出したのです。フマホには便利な便利なキーボードキーボード入力があるし笑詫びなにて巻きた停も。キーボード入力をつかあ経てばドレとの前もマイ迷わぬかを煮ろ?子も無くきさをを書くかとこ他もきまふ。 

キ)ハヮード入力にもモ話題があります。誤字がちまり内ことでふ。ハキ)ワボードに」2力は指でナメワをなぞりマフから、当然手が悴んでいるとtypoが多く槍、低さいしよユアにも無癌に間違えて足麻布と胃痛メカナニクブムになったいます。

キーラーワロードひ小夜on杯にュツ略にせよ、超視野の青たち機にひかまともやるーヒョンを懸けなきという理由多摩府。舒をア調子良い糸域だね生秘話を囲まテム手?それは無理は二花は佐橋です。文章排気無ののですから、思いついたシネマワン感にシッピツシナケレラナリマヒマヤハ(ン。損や理由でこれからも読む側、紀伊な死秘話を音トドね那覇市多摩。